「審査」に通過する必要があります

「自営業でもデンタルローンは組めるの?」質問サイトにこんな質問を見かけました。

結論から言うと、自営業でも借りることはできます。

では、なぜそう思い込んでしまったのでしょう。

その理由の一つとして、デンタルローン は歯科治療を目的にした融資なので資金調達など自分の事業目的には使えないことが挙げられます。

そのほかに、審査時に重要視される「安定した収入」の部分が自営業の場合、毎月の仕事量が違うためばらつきが出てしまう、営業期間が短いと「安定している」と判断される可能性があること、一定以上の金額になると収入証明を添付しなければいけないなどが挙げられます。

インプラント治療は高額な治療費がかかってしまうイメージがあって歯並びを治そうと思っても決心がつきにくいですよね。

高額な治療費だからこそあるシステムを利用しましょう。

デンタルローンはインプラント治療などを勧められた時にどれくらい治療費がかかるかの見積もりをもらえるのでその見積もりに対していくら借りるか、また、返済までの分割期間をどうするのかをローンを取り扱っている会社のHPでシュミレーションをして確認しましょう。

また、年間の治療費を10万円以上になった場合には、確定申告で医療費控除を申告できるので覚えておきましょう。

歯科治療をする際に高額な費用のかかる治療を提示された際にみなさんはどのように支払いをしますか?高額なのでクレカを使って分割払いをしますか?デンタルローンの利用も検討しませんか?その理由として、クレジットカードの分割手数料とデンタルローンとの金利差がでかいからです。

三井住友VISAカードの場合、分割払いじにかかる手数料は12.0%から14.75%と手数料が多いですが、銀行系のデンタルローンを利用した場合には半分くらいになる5%程度の金利で借りることができます。

歯科治療専門ローンという制度を知っていますか?どういったものかというと信販会社が患者に代わって病院に治療費を立替払いし、ローン利用者は取扱会社に治療費+手数料を中長期的に分割で支払う立替払い契約のことです。

住宅ローンやマイカーローンをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

そのため、デンタルローンを組むには、他のローンなどと同様に申し込み内容が問題ないか返済能力は問題ないか

審査に通りやすい方の傾向として以前借りていたローンの返済や携帯電話料金・公共料金などの支払いに遅延がない人が多いです。

ジャックスやufjなど様々な会社が行なっているデンタルローンですが内容を知っている人は少ないと思います。

歯医者で保険適用外の治療が必要になった際に、準備の難しい金額を提示されてしまった。

そんな時に便利なのがデンタルローンです。

大体のイメージとしては住宅ローンや自動車ローンと同じように歯科治療バージョンと考えてもらえばOKです。

カード分割にするよりも低金利で利用できます。

カードでの支払いと違い新たにローンを組むので審査をします。

金利や借入限度額など各企業で違うので条件にあったローンを選びましょう。

歯が抜けた、歯並びを矯正しようとした時に「高額費用になるから」と歯科医院でデンタルローンを勧められたことはありますか?住宅ローンなどの他のローンと同じように行う審査が必要になります。

取扱機関は審査基準として申込者のどこを見ているのでしょうか。

まず確認する部分は年齢です。

未成年の方が原則ローンなどを利用でいないため、法律上、未成年の方は親や保護者の承諾が必要になるためです。

他には、携帯料金などの支払いの遅延や債務整理をしていないかなど、いわゆるクレジットヒストリーを確認しています。

また、主婦や年金受給者の方名義でも利用できる可能性はありますが配偶者の名義で申込をした方が審査に通りやすいです。

デンタルローンの利用を考えているときに歯科医院でもローンがいいですよと言われ、実際に調べると様々な期間の情報が出てきてどの金融機関が自分の条件に合うのかわかりにくいですよね。

まず見るべきなのは金融機関ごとに違う金利・限度額です。

限度額は最低10万円から最高で700万円という機関もあれば最低30万円から最大500万円までという機関もあります。

なので例えば、治療費が20万円の見積もりに金利がいいからと30万円からのローンを借りることはできないですよね。

返済計画を立てる上で申し込み前に各機関のHPに設置されている返済シミュレーションを行っていくら借りると月々いくら返済になるかを確認しましょう。

歯並びが良くない、噛み合わせが良くないとさまざまな弊害が起こります。

筋肉バランスが歪んでしまったり、虫歯や歯周病の原因にもなります。

また、噛み合わせは運動時のパフォーマンスにも関わってきます。

100m走や200m走のクラウチングスタートを例にすると姿勢を保つために噛み締めて体をブレなくしたり、スタート直後の加速時に地面を強く蹴る時に体のブレや力を逃さないようにしています。

噛み合わせと運動能力は密接に関わってきます。

デンタルローンを利用して歯列矯正してはいかがでしょうかその際は、毎月の返済金額に無理が生じていないか絶対に確認しましょう。

デンタルローンを利用して歯列矯正しませんか?

公共料金やデンタルローンなど各種ローンの支払いが延滞した期間が3ヶ月前後連続している、経験がある方、新しくローンを組みたいという時に審査に落ちる可能性が高くなります。

というのも信販会社は、審査時に必ず信用情報機関に信用情報を照会します。

支払いの延滞や債務整理をしていると返済能力を疑われるためです。

クレヒスが悪すぎるとブラックリストに載ることになります。

信用情報機関にはローンやクレジットカードの申し込み、公共料金の支払い状況、契約時の情報、借入・返済記録などの情報が残っています。

クレジットヒストリーのほとんどは申し込み・完済から5年が目安で削除されるようです。

実は歯並びを気にしている、という方は多いようです。

噛み合わせが悪いままだと、虫歯や歯周病になりやすかったり、頭蓋骨のバランスが崩れて、そのバランスの悪さを気づかないうちに修正しようとして少しずつ体に負担がかかります。

噛み合わせがよくなることで、左右均等に噛めるようになり筋肉の付くバランスがよくなるので顔の歪みも解消されます。

またその結果、頭蓋骨のバランスが良くなり、肩こりや偏頭痛などが軽減、解決することもあります。

この機会に歯列矯正治療を受けてみてはいかがでしょう。

いきなりですが11月8日は何の日かご存知ですか?日本記念日協会によると「いい(11)歯(8)並びの日」なんです。

そこで、歯に関するランキングを調べてみたところ、「実は人に言えない歯の悩みランキング」というものがありました。

やはりといいますか、多くの人が歯並びに悩んでいるようです。

悩んでいる人が多いということは治したいと思っている人も多いはずです。

では、なぜ治療せずそのままになっているのでしょう。

歯並びや噛み合わせを治す治療費が高額なのが大きな理由とされています。

歯列矯正は自費負担になるため、躊躇してしまうようです。

ジャックスなどの信販会社のデンタルローンの利用を考えてみてはどうでしょうか。

歯科治療専門のデンタルローンやマイカーローンをはじめとした利用目的を限定したローン、審査が厳しいって言う人がいるんだけど、本当?契約社員だけど大丈夫?という質問を聞いたこと、見たことがあります。

ローン審査ではどんな部分を見ているのでしょうか。

①安定した収入が継続しているか ②年齢 ③金融事故を起こしていないかの3点は特に気にしているようです。

また、未成年の場合は、親の名義で申し込む必要が出てきます。

また、安定した収入はその人に返済できる能力があるのか過去のローンや携帯料金について計画的に支払いできていたかを確認されます。

自分または子供の歯並びが悪くて困っている方、デンタルローンを検討してみてはどうでしょうか。

一般的にデンタルローンと聞くとクレジットカード会社が取り扱っているイメージですが銀行でも取り扱っているんです。

例を挙げると、スルガ銀行の場合800万円まで借りられて最大で120回払いの分割払いもできます。

事前審査を受けることで計画が立てやすく、ネットで契約締結できるので昼間に仕事をしていても手続きのために銀行に行かなくても大丈夫です。

歯並び・噛み合わせにお悩みの方は参考にしてください。

歯が抜けてしまってインプラント治療を提案された、でも、高額な治療費が必要と言われてもすぐには準備できない。

という時に歯医者でデンタルローンを勧められることがあります。

健康に関するローンだから簡単に借りれそうに思いますが審査なしで利用できるローンはありません。

では、審査基準はどういったところを見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が申し込みをしても通らず、親の名義で申し込む、もしくは親や保護者から承諾書を提出してもらわなければいけません。

他には、返済の遅延の繰り返しや忘れがちな携帯料金の未払いなど、いわゆるブラックリストに載っていないかを確認されます。

また、専業主婦などご自身に収入のない方が申し込む場合は保証人が必要になることもあります。

芸能人の歯って白くて綺麗で印象に残りますよね。

実は、ホワイトニングや審美治療を行えばあの白さが手に入るかもしれませんよ。

専用の薬剤で白くする「ホワイトニング」は歯への負担が少ない一方、定期的に治療しなければ白い歯を維持できません。

では、ホワイトニング以外の方法はあるのでしょうか。

歯の表面を削って付け爪のような薄い素材の歯型を貼り付ける「ラミネートベニア」という方法や「セラミック」と呼ばれるセラミックでできた歯をかぶせる方法があります。

セラミックはホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが費用は高くなるのでデンタルローンの活用をお勧めします。

インプラントや歯並びを矯正しようと思っても全額自己負担になる自費治療なので費用が用意できないなど治療に踏み出しづらい方もいます。

そんな方はデンタルローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

また、ローンで分割になっても年間10万円以上の医療費を支払った場合は、確定申告をするときに、治療費の一部が還付されるので領収書は大切に取っておきましょう。

仮に、申告し忘れても、最大5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。

このように、さまざまな制度を活用してなるべく費用負担を軽減することもできます。