デンタルローンは歯医者で申込みできる?

歯科医院に行って高額な治療費が必要になった時にみなさんはどのような支払い方法を考えますか?高額なのでクレカを使って分割払いをしますか?高額治療であればあるほどデンタルローンを活用しましょう。

その理由として、クレジットカードの分割手数料とデンタルローンの金利の差が大きいからです。

例として、三井住友VISAカードの分割払いでは分割回数により12.0%から14.75%となっていますが、銀行系のデンタルローンを組んだ場合には半分くらいになる5%程度の金利で借りることができます。

お子さんの歯並びが気になるお母さん、デンタルローンを使ってみませんか。

一般的にデンタルローンと聞くとクレジットカード会社が行っているイメージがありますが、実は銀行も行っているんです。

一つ例を挙げるとスルガ銀行では、限度額が800万円となっていて、最大で120回払いの分割払いもできます。

また、治療計画が立てやすい事前審査を行っていたり、ウェブ上で契約までできるので時間のない人でも 手続きのために銀行に行かなくても大丈夫です。

歯並び・噛み合わせにお悩みの方は参考にしてください。

インプラントをはじめとした高額治療を受けようと思っても全額自己負担になる自費治療なので高額な治療費用に躊躇してしまい治療に踏み出しづらい方は歯科治療専門のデンタルローンを活用してみてはいかがでしょう。

また、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、税務署へ確定申告することで、支払った治療費の一部が返ってくるので領収書は取っておきましょう。

もし、申告し忘れたとしても、5年以内ならさかのぼって医療費控除を申請できます。

このように、さまざまな制度を活用してなるべく費用負担を軽減することもできます。

高額な買い物をする時に組むローンですが一言にローンといってもさまざまな書類があってどんな違いがあるのかわからないですよね。

個人向けローンとビジネスローンの2つになります。

事業ローンはその名の通り、企業や事業主、個人経営者に特化したローンです。

取り扱い期間によっては、法人名義で借りられるものもあります。

個人向けローンでは、カードローンや使い道自由なフリーローンなど、家を買うときに利用する住宅ローンや歯科治療のみに使えるデンタルローンなどの利用使途を制限したローンがあります。

デンタルローンなどの用途を絞ったローンの場合、カードローンに比べて金利が低い数字に設定されていることが多いです。

歳をとると気になってくるのが歯の悩みです。

もし自分の歯が抜けたらどう対処したらいいか悩みますよね。

入れ歯の他にブリッジやインプラントなどがあり違いやメリットを調べてみました。

ブリッジ治療とは、失った歯の左右にある健康な歯を支柱にして「橋」をかけるように人工の歯を固定する治療法です。

インプラント治療では、歯が抜けた部分に人工の歯根となるネジを埋め込みます。

その上に人工の歯を取り付けます。

再治療やメンテナンスが簡単な方法です。

保険適用可能ではあるが条件次第になるブリッジにするか高額だけど他の歯に影響がなく治療後が楽なインプラントにするか悩みますね。

高額な費用を気にするという方はデンタルローンを活用してみてください。

芸能人の歯って白くて綺麗ですよね。

実は、ホワイトニングや審美治療を行えばなのでみなさんもホワイトニングを行えばあの白さが手に入るかもしれないということです。

ホワイトニングは薬剤で白くするため定期的に治療しなければ白い歯を維持できません。

ホワイトニング以外の方法として注目されているのが審美治療です。

「ラミネートベニア」と呼ばれる歯の表面を削って付け爪のような薄い素材を貼り付ける方法や「セラミック」と呼ばれるセラミックでできた歯をかぶせる方法があります。

セラミックはホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが費用が割高になるのでデンタルローンの利用をお考えください。

デンタルローンや住宅ローンなど利用条件を設定しているローンは審査がキツイと言う人がいるんだけど、本当?契約社員だけど大丈夫?という質問を見かけることがあります。

審査ではどんな部分を見ているのでしょうか。

①安定した収入が継続しているか ②年齢 ③金融事故を起こしていないかの3点が特に見られます。

未成年の場合は、親の名義で申し込む必要が出てきます。

また、その人に返済できる能力があるのか過去のローンや携帯料金などの支払いが滞っていないかを確認されます。

歯が抜けてしまってインプラント治療を受けたい、でも、高額な費用をすぐに準備できない。

という時に歯医者でデンタルローンを勧められることがあります。

審査なしで利用できるローンというものはないので必ず審査が行われます。

では、取扱機関は申込内容のどこを主に見ているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方は法律行為に当る「契約の締結」ができないので親名義で申し込む、もしくは法定代理人の同意書が必要になります。

他には、返済の遅延を繰り返していたり債務整理をしているなど、いわゆるブラックリストに入っていないかを見られます。

また、成人していても審査結果によっては保証人が必要になることもあります。

デンタルローンはいくらまで

自家用車などの買い物をする時に利用するローンですが今では、種類が多すぎてどんなものがあるのかわからないですよね。

大きく分けると個人向けローンと事業ローンと呼ばれる2つになります。

事業ローンはその名の通り、事業主や個人経営者に特化したローンです。

取り扱い期間によっては、法人名義で借りられるものもあります。

個人向けローンには、テレビCMなどで見かけるカードローンや歯科治療専門のデンタルローンなど使い道を用途を決めたローンがあります。

デンタルローンなどの使い方を限定したローンでは、フリーローンに比べて金利が低く設定されていることが多いです。

歳をとると気になってくるのが抜け歯です。

もし自分の歯が抜けたらどう対処したらいいか悩みますよね。

でも、どんな違い、メリットがあるのか知っている人は少ないと思います。

ブリッジとは、失った歯があった部分の左右の健康な歯を支柱にして「橋」をかけるように人工の歯を固定する治療法です。

インプラント治療は、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを埋め込みます。

その上に人工の歯を取り付けます。

他の歯に負担をかけないので長期的にはこちらがいいようです。

土台となる歯が2年以上健康かなど条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯を削らず影響がないインプラントにするか悩みますね。

費用面が大変という方はデンタルローンを検討してみてください。

顎が痛くて口が大きく開けられない、そんな症状で悩んでいる人が若者を中心に増えているそうです。

顎関節症の主な症状と言われているんです。

顎関節症は生活習慣病的な側面も大きいため、治療のメインになるのは自宅で行うセルフケアです。

一例として、片側だけで食事をしないようにするなどがあります。

場合によっては症状が良くなることがあります。

また、噛み合わせを治すことで改善されることもあります。

噛み合わせの治療をする場合、治療費用が高額になりやすいのでデンタルローンを活用することをお勧めします。

ローンを利用するは、いくらから利用できるのかや分割可能期間など各ローンによって違いがあるので調べるようにしましょう。

運動をする際に歯並びが悪いと、顔の筋肉のバランス、力が逃げてしまい、運動能力が発揮できないと言われています。

子供がスポーツをやっている親御さんは気になりますよね。

噛み合わせを治すためにデンタルローンを使って体のバランスを正しパフォーマンスをフルに発揮させてあげましょう。

では、どういったローンがあるのでしょう。

例としてですが、カードで有名なオリコの場合、借入額は10万円から500万円、6から60回の分割支払いが選べます。

Webで申し込みが完結し、審査時間が最短3分となっています。

治療プランにあったデンタルローンを見つけてください。

ジャックスやufjなどのカード会社が行なっているデンタルローンですがその内容について詳しい人は少ないと思います。

歯医者で保険適用できない治療が必要にと言われた場合、準備の難しい金額を提示されてしまった。

そんな時に便利なのがデンタルローンです。

感覚としては住宅ローンや自動車ローンの歯医者専用バージョンと考えてもらえばOKです。

カード分割にするよりも低金利で利用できます。

クレジットカードとの違いとして、新たにローンを組む場合には審査が必要になります。

金利や手数料など、自分に合ったローンを探しましょう。

皆さんは歯科医院を選ぶ時にどういった基準で選びますか?実は、日本に存在する歯医者ってコンビニよりも多いんです。

なそのため家から近いを条件にしても選択肢が多くて選びにくいですようね。

そんな時に病院選びの参考にしているのが口コミサイトです。

医院の設備はどうなのか、先生はどんな人なのか初めて行く場合にはとても参考になります。

他の選び方としては、行う治療によって選ぶのもありますね。

例えば、歯列矯正を考えている場合では、治療に行く前に先にネットで利用するデンタルローンを決めてからそのローンのHPから提携している歯医者を探すなどです。

歯が抜けてしまってインプラント治療を受けたい、でも、高額な費用をすぐに準備できない。

という時にデンタルローンの利用をおすすめします。

健康に関するローンだから簡単に借りれそうに思いますが審査なしで利用できるローンはありません。

では、審査の際にはどういった項目を見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

成人しているかを確認し、未成年の方が利用しようと考えた場合、親名義で申し込む、もしくは親や保護者の承諾書が必要になります。

他には、返済の遅延を繰り返していたり債務整理をしているなど、いわゆるブラックリストに入っていないかを見られます。

また、成人していても専業主婦など収入のない方の場合は保証人が必要になることもあります。

時に、高額な治療費が必要になる歯科治療ですが、治したいのに治療費が高額で治せないという話を聞きます。

イオン銀行のデンタルローンを活用してみてはいかがでしょう。

最低借り入れ金額が30万円以上と他のローンでは最低借り入れ金額が高めに設定されています。

その代わりと言っては何ですが、他のローンに比べて最低金利が3.8%と低い数字になっているので、高額な借り入れになるほど有効そうですね。

病院での見積もり金額に合わせて、利用するローンを検討する材料にしていただけたらと思います。