住信SBIネット銀行おまとめローンの審査は甘いの?厳しいの?

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、住信SBIネット銀行の借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンという名前で住信SBIネット銀行おまとめローンを提供している金融機関もあります。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらのおまとめローン・住信SBIネット銀行の借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

消費者金融アコムやプロミスのおまとめローンや住信SBIネット銀行の借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた住信SBIネット銀行おまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら他社借入の多い多重債務者が有利になるための借り換え商品なのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いので初めて住信SBIネット銀行おまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

住信SBIネット銀行おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので返済日や残高の管理がしやすくなります。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

住信SBIネット銀行おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

住信SBIネット銀行おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや返済だけしかできないカードローンだということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

住信SBIネット銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

他社借入の多い多重債務者の為に提供されている住信SBIネット銀行おまとめローンですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

住信SBIネット銀行おまとめローンの審査落ちした人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますがそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

住信SBIネット銀行住信SBIネット銀行おまとめローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関から住信SBIネット銀行おまとめローンを借りるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますので返済総額は住信SBIネット銀行おまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

おまとめローンの審査に落ちたという人はその原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや住信SBIネット銀行の借り換えローンがありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は住信SBIネット銀行おまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですので住信SBIネット銀行おまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

反面、住信SBIネット銀行おまとめローンを希望する人は他社借入の多い多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

住信SBIネット銀行おまとめローンを提供してる金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

参考:http://www.sumartin.net/sumishinsbi/omatome.html